性格の不一致と結婚生活の考え方

男女の間からとは、他人にはわからない部分が多いものですが、夫婦になるとさらに色々なことが起こるので、結婚をする前に、よく自分のことや相手にことを理解する必要があります。
例えば恋愛では自分にないところに引かれるということがあります。
自分に反発する性格や感情が返って刺激になり、ますます相手に惹かれていくという不思議な現象もあります。
割れ鍋に綴じ蓋という言葉もありますが、自分いないところを刺激として恋愛の熱が高くなることもあります。
しかし、結婚では、その相手を毎日何年も何十年も見つめていく必要があります。
常に一緒に生活をするということですので、独身時代の恋愛のように相手と出会わないで過ごせるということはありません。
それで、うまくいかなくなるということも起きます。
倦怠期という言葉があり、だいたい結婚から3年ぐらいで起こるとも言われていますが、珍しい刺激も飽きる時が来るということも考えて相手を選ぶことも必要です。

結婚式をバルーンで華やかに
包みませんか?

南国イメージのバルーンは誕生日プレゼント
にピッタリです

結婚記念日にオススメのフォトプラン

海外挙式をお考えなら

絶景をバックに記念撮影

最新の関連ページ一覧

結婚する相手がいる方にとって、結婚は早い時期にやっておいたほうが良いことであることは間違いないでしょ

結婚するなら早い方が良いという話

結婚相談所を利用した体験談ですが、申し込み当初はここに相談をする事が不安に感じていました。

初めて結婚相談所を利用した体験談

お互いの条件をマッチさせながら結婚を考えることはとても重要です。
インターネットサイトでは年齢

理想の結婚相手を見つけることが重要です。

Copyright(c) 結婚 . All Rights Reserved.