最新の関連ページ一覧

結婚生活と倦怠期の捉え方と転換点

結婚をして夫婦生活に入る場合に、新鮮なのは最初の期間だけで、だんだん刺激が少なくなり、マンネリ化していきます。
相手の存在が空気のようになり、そこにて当たり前に様な感じになります。
中には常に新鮮で、恋愛のような状態で続いている夫婦もありますが、一般的には、相手の欠点が鼻についてきたりします。
しかし、結婚という儀式を終えて、夫婦で生きていくという契約をしたので、そのまま夫婦生活を送ることになります。
この段階で倦怠期ということで通過することになりますが、結局は自分が理想と考えていた結婚生活とのギャップを感じる期間でもあります。
その内容はそれぞれ人により違いますが、共通するのは自分が望んでいた状態とは違うという状態の自覚です。
ここで必要なことが、考え方の転換です。
若い時の恋愛感情ではなく、夫婦で共通に築いていく何かを見出して、その目標に向かって進むという作業です。
同時に相手への礼儀なども十分考えることも必要です。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 結婚 . All Rights Reserved.